ママが選ぶ妊娠線予防クリームおすすめ人気ランキング・口コミ

ママが選ぶ妊娠線予防クリーム人気ランキング・口コミ

♪サイト内の記事、口コミを検索する♪

妊娠線予防クリームを使ったママ達の声・体験談

スポンサーリンク

このコーナーでは妊娠線(肉割れ)が出来てしまって悩んでいたママ、そして解決までに至ったママたちの声や体験談が集まっています。

成功談や失敗談、参考になるママの意見が沢山詰まっています。これから妊娠線対策を考えているママの為に、担当者からのアドバイスも載せています!

妊娠線に悩んでいる方、「妊娠線予防クリーム」で対策を考えている方は、是非参考にしてみてください!

(※)記載の体験談は個人の感想です。効果・効能を保証するものではありません。

 

ケアを怠った為、妊娠線ができちゃった…もっと早く妊娠線のケアをしておけばよかった…

友達の妊娠線を見せてもらい、かなり多くの妊娠線があったので、私も妊娠した時、早い段階からクリームを塗り予防をしようと思いました。ただ途中夏なで、気温も暑かった事から面倒になり、結局本格的に塗り始めたのは、妊娠7ヶ月位からでした。

お腹が大きくなるにつれて、下の方がみえなくて、結局見えている部分しか塗れてなかったのか…下の方に少し薄っすら妊娠線が出来てしまいました。
後全く気にしてなかった、左のお尻の方にも妊娠線が出来ていて、そのあたりも、ケアーしておけば良かった後悔しました。

(なほ)

妊娠線のケアは妊娠初期から毎日欠かさず、しっかり保湿することが大事です。妊娠線対策の効果的な時期に関する記事を、是非読んでみてください!

産後に妊娠線が出来ている事にビックリ…!

出産経験のある友人に聞いていた妊娠線。どんどん大きくなるお腹を見ても全く妊娠線らしきものは見られず、私は出来ない体質なんだ~と安心しきっていました。

しかし産後小さくなったお腹を鏡でみてビックリ!大きなお腹に隠れて見えていなかった下腹部に何本もひび割れのような妊娠線ができていました。大慌てで妊娠線クリームを買い込み朝、お風呂上りにマッサージするようにたっぷり塗りこみました。

するとお腹の皮が引き締まるのと同じように産後2、3ヶ月にはくっきりあった妊娠線もいつの間にか消えてなくなっていました。

(匿名ママ)

産後であっても、産後用のケアを目的としたクリームを塗る事で、妊娠線を薄くできる可能性はあります。

妊娠線予防クリームを塗る際は、下腹部あたりに塗るのも忘れないで!

妊娠した時はお腹もまだまだどころかつわりで妊娠線予防の事なんて考えてもいませんでした。しかし、つわりが終わったらいきなり食欲が増すと共にいきなりお腹が出てきたのです。妊娠線クリームを塗る事の大切さを実感したのは妊娠後期からでした。ドンドン思った以上にお腹が出てきて下腹のところが見えないぐらいでした。この下腹のところは見えないから塗り忘れやすいのですが、後で気づき後期ぐらいから塗り始めたら、妊娠線も出来ないで済みました。

(あみりく)

妊娠線は、お腹だけでなく胸の下や谷間の部分にできる可能性があります。ぜひ、妊娠線クリームの塗り方についての記事を確認してみてください!

塗るのをさぼっていたら1本線が残っちゃったけど、妊娠線クリームの効果に満足です!

妊娠初期に妊娠線予防クリームを購入し、ずっと使っていました。しかし、お腹がどんどん大きくなった7ヶ月ころ、なぜか面倒になり1ヶ月ほどさぼっていたら、おへそから下にすぅっと1本の線が。

そこからあわててまたクリームを塗り始めましたが、その1本は出産直前の今も存在し続けています。それ以外は妊娠線はできませんでした(*^^*)

ずっと塗っていれば全くできなかったのかどうかはわかりませんが、妊娠線予防クリームの効果には満足しています♪

(ゆき)

「おへそから下にすぅっと一本の線が」というのは、特徴からして、実は、妊娠線ではなく正中線というものです。

妊娠線と正中線では解決方法が違うので、詳しく知りたい方は、こちらを確認してください!

妊娠線予防クリームのおかげで、わたしは妊娠線が消えました

妊娠8ヶ月くらいの時に、妊娠線らしきものがうっすら出てきたので、慌てて市販の妊娠線予防クリームを買いました。その日から毎日、出産日までつけていました。

つけている間は妊娠線はそれ以上出てこなかったけど、出産してから妊娠線がすっかり消えていました。

いま思えばそのクリームを塗っていなかったら、妊娠線はもっとひどくなっていて、しかも出産してから妊娠線は消えなかったと思います。

実際、私の知り合いで妊娠線予防クリームをしないで出産した人はみんな少し妊娠線が残っています。

(匿名ママ)

出来てしまった妊娠線も、産後用のケアを目的としたクリームを塗る事で、妊娠線を薄くできる可能性は十分にあります。妊娠線ができてしまってもうどうしようもない…と諦めないでくださいね!

市販のスキンケアクリームは妊娠線には効かない!?結局妊娠線ができてしまった…

妊娠初期から、市販されているジェル状のクリームを入浴後に塗っていました。

塗った時はぬるぬるしますが、すぐに乾きサラサラの状態に戻ります。今時のハンドクリーム程ではありませんが、リラックス効果のありそうな優しい香りがほんのり。ただ、冬場はクリームをお腹に塗った時の冷たさが嫌でした…

毎日欠かさずにケアしていたのに、臨月になり、急にお腹が大きくなった事で、結局妊娠線はできてしまいました…

使った種類がいけなかったのか…塗る回数が足りなかったのか…予防クリームを過信しすぎてしまっていただけに、ショックでした。

(misuzu)

実は、妊娠線予防クリームであっても、「真皮まで届くような妊娠線ケアクリーム」でないと期待は望めません…

妊娠線が出来てしまう詳しい原因についての記事と、妊娠線ケアアイテムの正しい選び方についての記事を是非読んでみてください!

 

朝晩2回、専用の予防クリームを塗ったら、その後、妊娠線は増えませんでした

妊娠線予防ケアしていたのに、妊娠線が出来ちゃった…

妊娠がわかった時に妊娠線を絶対作らない!と思っていました。なので妊娠初期から専用クリームでお風呂上がりに毎日塗っていました。また、湯船に長時間浸かると体の油分が抜けやすいと聞いていたので、さっさとあがり丹念に毎日お腹にクリームを塗っていました。
しかし、妊娠後期の検診を受けた時にエコーをしていた技師さんが「あー妊娠線出てきちゃってるね。毎日しっかりクリーム塗ってる?」と言われ、ショックで泣きそうになりました。

それからは朝とお風呂上がりに2回塗ることにしたところ、妊娠線が増えることなく出産までいけました。

(匿名ママ)

基本的には、毎日、お風呂あがりに1回塗ればOKですが、肌が乾いてきたと思ったら1日に1回と言わず、しっかりクリームを塗ってください。妊娠線予防クリームは1日に何回塗っても問題ありません。

妊娠中はプロゲステロンという女性ホルモンが増加する影響で、どうしても肌が乾燥しがちになってしまいます。

妊娠線を予防する為には保湿が一番大事ですので、肌が乾いてきたら、「まずはケアアイテムを塗る!」ということを忘れないでくださいね!

妊娠線予防クリームはシワにも効果があった!?5歳若く見られました

2人目の妊娠の時に私はお腹に妊娠線が出やすいという情報を聞きつけ、2人目の妊娠6ヶ月目で妊娠線予防クリームを買いました。買う時にも予防クリームとして半信半疑ではありましたが、営業の方の口車に刺激され、思い切って買ってみました。

妊娠で20kgも太った私は焦っていた為、買ったその日から試しました。お腹や胸に沢山ぬって、安心していましたが、いざ出産してみるとびっくりした事に脚に妊娠線が出来ていました。

ただ、予防クリームを、沢山塗ったお腹や胸には一切妊娠線がなく、塗った効果を実感しました。脚にも塗っておくべきだったと今更ながら後悔しています。その後余ったクリームを手や顔に塗るようになり、それが功をなしたのか顔のシワが薄くなってきます。手も若々しくなってきたように感じます。

先日は5歳若く見られました。これからも続けてみようと思っています。

(匿名ママ)

 

しわしわの張りのないお腹でしたが、産後にケアを行うことで少しずつきれいなお腹に…!!

三人目を出産して、半年位たち、ふと鏡をみた時に、縦縞模様のお腹に愕然としてしまいました。しわしわの張りのないお腹なんです。
これが三人を産んだ勲章なのですが、でも余りにも悲しい勲章です。こんな事なら予防クリームをきちんと塗っておけば良かったと思いました。

そんな諦めてた時に、後からでも妊娠線を目立たなく出来るクリームがある事をしり、早速試しに使用してみる事にしました。最初の3ヶ月位はあまり変化なしてましたが、5ヶ月位からは少しづつ薄くなってる感じがしてきたのです。

それと同時にダイエットと運動も始めて、クリームを塗ってマッサージにもはげむようになりました。一年位経ちましたが、一年前と比べると、かなりきれいなお腹になってきたと思います。

(匿名ママ)

産後であっても、産後用のケアを目的としたクリームを塗る事で、妊娠線を薄くできる可能性は十分にあります。妊娠線ができてしまってもうどうしようもない…と諦めないでくださいね!

1週間ほどで肌がなめらかになり、1カ月後には妊娠線がうすくなった!

私が妊娠出産を振り返るとお腹が重くて腰が痛かったことを真っ先に思い出します。なぜなら私が産んだ赤ちゃんは4000gを超えていたのです…(笑)パンパンに膨れたお腹はベテラン婦長さんも触ると破裂するのではと躊躇するくらいでした。当然、勲章ともいえる妊娠線がばっちりのこりました。

最初は産んだ直後だから仕方ない…なんて見て見ぬ振りをしていましたがだんだん不安になってきました。それからというもの妊娠線用のクリームをおまじないでもかけるように、ていねいに念じながら?毎晩お風呂の後に塗り込みました。

すると1週間ほどで肌がなめらかになり、1カ月後には妊娠線がうすーく微かにだけ主張するだけになりました。今は完璧に元通りという訳ではありませんが可愛い息子を産んだ証しのようでむしろ愛しく感じる程度になりました。

あのシマシマしわしわなお腹では息子とプールも行けませんでしたが、今では一緒に楽しんでいます。

(ぐりこさん)

妊娠線予防クリームを塗っていなかった胸に妊娠線ができてしまって後悔…

妊娠5ヶ月ぐらいからお腹が目立ちだして、妊娠線のことを気にするようになりました。

それでインターネットで調べて妊娠線予防のクリームを購入しました。 毎日、お風呂上がりにお腹に塗っていたので出産まで妊娠線ができませんでした。

ところが妊娠線はお腹だけにできるものだと思っていたので胸にもできるとは知らず、出産の10日前ぐらいに谷間のところに妊娠線ができてしまいました。

授乳をしている間は結構目立っていましたが授乳が終わった今ではよく見らないと分からないぐらいになっています。消えることはないようですがこのくらいなら気にはならないです。でも胸にも塗っていたらはと後悔はしています。

(naaaaahさん)

妊娠線は、お腹だけでなく胸の下や谷間の部分にできる可能性があります。ぜひ、妊娠線クリームの塗り方についての記事を確認してみてください!

胸や太ももの裏や下腹部にたくさんあった妊娠線が薄くなりました!

私は胸や太ももの裏や下腹部にたくさん線があってお風呂時とか気になっていました。ですが、妊婦さんの為の商品の中に「妊婦線気になる方用」のクリームが売ってあってそれを買っていつもお風呂上がりや寝る前に塗っていました。

そうしたら、なんとあんなに濃かった線が薄くなっていきました!完全には消えませんが目立たないくらいに薄くなっていきました!妊婦線予防のクリームを塗ると、濃かった線が薄くなっていきます。

(えいみぃちゃん)

妊娠線ができてしまってからでも、しっかりと保湿を行うことで、体験談のように、妊娠線を薄くする事ができる可能性は十分にあります。ですが、一番よいのは、妊娠線ができる前からしっかり保湿ケアしておくことが、一番の回避方法なんです。詳しくは、妊娠線対策の効果的な時期に関する記事を、是非読んでみてください!

 

おすすめ・人気ランキングへ 【特集】プレゼントで貰って嬉しい妊娠線クリーム

ママが選ぶ!妊娠線予防・ケアクリーム おすすめ人気ランキング

【口コミ数No.1】 ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム

ナチュラルマーククリーム

ママなら誰もが知っている「たまごクラブ、ひよこクラブ」で読者が選んだ、妊娠線ケア部門No.1に輝いたアイテム。口コミ数もNo.1です。

初回限定の大容量のお得タイプなら、通常サイズ(1ヶ月分)の約3倍のサイズで、いまならスキンケアセットもついてきます。

しっかり妊娠線を防ぎたい方は、お得サイズがおすすめです。

他の各サイズも公式サイトからの購入であれば、最安値&初回特典付きで手に入れる事ができます。

口コミ数No.1の妊娠線クリーム。パッケージも、さらに、かわいくなりました♪
無香料、無着色・低刺激なので妊娠中の女性でも安心して使うことができ、赤ちゃんの全身保湿にも使えます

【Wケア&あんしんの長期保証】Premarm(プレマーム)

肉割れ・妊娠線ケア用プレマームボディクリーム

妊娠線予防として、そして、出来てしまった妊娠線のケアクリームとして、どちらにも使用できるオールインワン妊娠線クリーム。

無添加で刺激がなく、効率よく肌の調子を整えることができます。

180日間の長期返金保証つきで、はじめての方でも、あんしんして使用できます。

さらに今なら、毎月先着500名限定でキャンペーン実施中。最安値でお得に手に入れることができます。

海外でも多くの妊娠線予防の実績がある「シラノール誘導体」、さらに妊娠線の修復に効果が期待できる成分も配合。長期返金保証があるところも◎
予防&アフターケアどちらにも使えるのでおすすめです。
出来てしまった妊娠線が改善できたという口コミも多数上がっています。

【プレゼントキャンペーン中】MONA MAMMY(モナマミー)

他の妊娠線クリームと比べると発売からまだ日は浅いですが、利用者も上昇中。口コミでも高評価を得ています。

プレゼントキャンペーンも実施中で、今ならオリジナルのベビーオイルが無料でついてきます。90日間の返金保証つきです。

公開日:
最終更新日:2016/06/25

ページのトップへ